Top計画&報告海浜清掃メンバーオニヒトデ世界のサンゴ礁保全|サンゴ移 植?会則サイトマップ
サンゴ移植? サンゴ移植・失敗の歴史と現在

沖縄県>環境生活部>自然保護課>サンゴ礁資源情報整備事業の報告書(平成21年度〜平成23年度)
   沖縄県全域のサンゴ礁の現況やオニヒトデなどの撹乱要因を把握するための調査報告書。13.PDF

沖縄県>環境生活部>自然保護課>サンゴ礁保全活動プログラムシリーズ 2012年12月5日

沖縄県サンゴ移植マニュアルpdf 2012年12月5日

サ ンゴ再生に光明 西海区水産研 究所亜熱帯研究センター 2012年11月3日八重山毎日新聞

水産省:沖ノ鳥島における移植サンゴの初の産卵確認について 2012年10月25日

造礁サンゴ移植の現状と課題(PDF) - 日本サンゴ礁学会 2008年

環境省:サンゴ幼生着床具を用いたサンゴ群集修復マニュアルpdf 2008年

沖縄県サンゴ礁保全推進協議会 2008年〜

八重山漁協観賞魚部会 サ ンゴ養殖研究班 2009年〜


・1987〜1990 「サンゴ礁造園技術の研究」予算:科学技術庁/沖縄県1億5千万 受注:日本海洋科学技術センター
実施場所:沖縄本島南部の知念村沖 実施内容:海中に6.2m四方の鉄骨やぐらを組み、そこに微弱電粒を流して基盤となるカルシウムとマグネシウムイオン を付着させてサンゴ破片を針金で括りつける。結果情報が見つからないけど、失敗してやぐらも撤去された。
日本海洋科学技術センター
平 成13年度概算要求・新規着手課題の事前評価− 評価結果及びこれに対する対処方針
サンゴ礁再生技術の研究開発(「サンゴ礁・リフレッシュプラン」から名称変更)自 己評価表

・1990〜1993 八重山サンゴ礁保全協議会(前・財団法人八重山海中公園センターが事務局)
1990年 富士フィルム・グリーンファンド助成
1991年 アムウェイ環境基金1500万円
1993年 アムウェイ環境基金800万円
移植4年後の生存率5.4〜13.2%。移植サンゴの周りから自然再生サンゴが移植サンゴの成長を上回って再生した。
会の歩み

初期のサンゴ移植関連
 
微量の 電流でサンゴ礁を再生させるプロ ジェクト 2004/08/31
バリ島北部プムトゥラン発、『カラン・レ スタリ・プロジェクト』インドネシア語で「サンゴ保護」の意味。GoogleChrom自動翻訳PDF 画像集
サンゴ礁保全の「助長」イメージ先行型環境貢献の落とし穴 2003/12/23
宮古島八重干瀬サンゴ礁ガイドを実現した、平良市栽培漁業センター梶原健次氏による投稿。
コーラルアクショ ン 2003/05/26 サンゴ放流プロジェクト・会費と参加費を出して希望した人のサンゴ移植を代行し、生育状況をネットより伝える企画も1年間の生存率 50〜60%と低く現在中断
沖縄ジュゴン「自然の権利」訴訟 原告紹介 2001/07/07 東恩納琢磨(ジュゴン基金委員会事務局長)指導を受け100個の移植を行い、移植1ヶ月後80%以上固着に成功した。しかし、3ヶ月 後・半年後・1年後と月日が経つにつれ減り1年後には、2個になってしまった。
Thisis a yannbaru
7回田尻賞のお知らせ
 1998/07/05
故吉嶺全二さん
吉嶺さんは、素潜りのダイバーとして、また水中カメラマンとして沖縄各地のサンゴ礁を本土復帰前から30年以上にわたって撮り続けた熱心な自然保護活動家 であった。(中略)サンゴ移植・サンゴ造園が可能といった開発よりの虚論への、事実による反論であった。
Top計画&報告海浜清掃メンバーオニヒトデ世界のサンゴ礁保全サンゴ移 植会則サイトマップ